Type in your account to login. Only foreigner, Korean login go

닫기

仁川空港公社のロゴ

主な事業

ビジネスハブ

航空MRO産業

航空MRO産業(Maintenance, Repair and Overhaul)の概要

航空MROとは、整備(Maintenance)、修理(Repair)、オーバーホール(Overhaul)を意味します。航空機の安全性と信頼性を保つためには欠かせない活動であり、航空機の安全な運航と性能の向上を目的としています。

航空MRO事業の範囲
항공MRO 사업 범위
区分 運航整備 機体整備 部品整備 エンジン整備 改造作業
技術集約図 Low Medium Medium-high High High
整備内容 飛行前後 日常点検 (軽整備の周期) 1~3か月ごと (300~100h)

(重整備の周期) 1.5~3年ごと (4,000~8,000h)

(オーバーホールの周期) 6~8年ごと (2.4万~4万h)
テスト (検査)

構成比分解

予備品交換

故障品修理
リアルタイムエンジン コンディションモニタリング

モニタリング結果 性能低下の場合、エンジン 整備

(オーバーホールの周期) 3~8年ごと
老朽化旅客機の寿命延長 (オーバーホール)

旅客機→貨物機へ改造 (性能改善、用途変更)
費用構造 人件費 85% 70% 40% 20% 40%
材料費 15% 30% 60% 80% 60%
グローバル航空MRO市場
グローバル市場
  • 2022年には786億ドル(約102兆)と、年平均4.9%成長しており、2032年には1,266億ドル(約165兆)へと増加する見込み
アジア太平洋市場
  • 2022年には241億ドル(31兆)と世界市場の30.7%であり、2032年には474億ドル(62兆)と世界市場の37.4%を占める見込み(世界1位)
韓国市場
  • 民需部門の韓国内MRO市場の規模(2017年~2019年平均)は年2.5兆ウォン、海外からの外注比率は物量全体の50%(年1.3兆ウォン)に達する
仁川国際空港の航空機整備団地
MRO Cluster 1,240,000m2 부지 안내이미지
国籍社整備団地

運営中(大韓航空、アシアナ航空、シャープテクニックスK)

貨物機整備団地

開発推進中

先端複合航空団地 (HighTech Aviation Complex)

1段階地域の開発中

- 先端複合航空団地の段階別開発計画

첨단복합항공단지 단계별 개발계획
区分 開発面積
1段階 622千㎡ (19万坪)
2段階 924千㎡ (28万坪)
3段階 800千㎡ (24万坪)
合計 2,346千㎡ (71万坪)
ホームページの内容についてのお問い合わせは下記ところにお問い合わせください。
  • 担当部署: Aviation Facilities Development Team
  • TEL : +82-32-741-2261, 2262